俳句・詩作

俳句や詩作で自分なりに文学を楽しむ

自分の人生について考えていく時、歩みを取り纏めていきたいと考えてしまうかもしれません。
そんな中で一部に焦点を当てていきながら、短文に纏めていく人もいます。
それを趣味としている人もいますが、それが詩作や俳句にするという方法です。

短歌だと31文字で表現していくので、多少はバリエーションが生まれてくることでしょう。
しかし17文字の俳句や詩作といったものは、表現力が限られた文字の中で無限に表現していくことができるでしょう。
心を瞬間的にでも動いてしまったという内容を、短い言葉へとまとめていくことができるでしょう。

作った詩歌について、時代を追いながら眺めていくことができるようになっていくでしょう。
心が動かされた理由も見出していくことができるため、思い出なども蘇っていくことでしょう。

昔に作った俳句や詩作を読み返していくと、当時の様子であったり気持ちについて鮮明に蘇っていきます。
写真やビデオなどと違った面白さを感じることができます。

そのシチュエーションとして、例として子供を育てていくという点があります。
子供を授かっていくまでの苦労であったり、子育てをしていく喜びなどを書き記していくことができるでしょう。
高齢になるほど、詩作や俳句などが身にしみることもあります。

詩作で自分の歴史などを形にする

詩歌や俳句で綴っていこうとする時、文章などを綴る中で最低限の知識を知っておく必要があります。
そして厳しく俳句などを作っていく中で守っていかなければなりません。

その内容を無視してしまうと、俳句や詩作などの醍醐味が一気に薄れていってしまうことでしょう。
俳句では文字数が17文字と定められており、五七五形式で表現していくことになります。
さらに季題という季節を表現する内容を付け加えないといけませんので、その文字数は制限されていくことでしょう。

17音は五音もしくは七音で区切っていく方法を知っておくようにしましょう。
趣味として俳句を楽しんでいる人は、リズムであったり日本語を楽しみながら表現していきます。
流れを知っておかなければ、季節なども楽しむことができません。

季題については歳時記と呼ばれる書物がありますので、詩作などにも活かしていきながら、楽しみつつ作成していきましょう。
歳時記というのは色々と内容がありますが、好んでしまう内容を定めていってしまうこともあります。
時代の流れも知りながら、内容を作っていきましょう。

多くの詩作や俳句などが生まれてくれば、友人などと発表をしていくと楽しめます。
その時の情景なども感じ取ることができますので、季節を問わずに俳句などを楽しんでいけるでしょう。